サブメニュー

必要書類を減らす方法

消費者金融の金利も大幅に下がり、手軽に利用しやすいものになりました。実際に申込む際には、必要書類というものがあります。

 

カードローンの申込みに必須なのが本人確認書類です。免許証、なければ保険証などを用意しましょう。免許証の住所が前の住所のままなどで住所確認が取れなければ、別途住民票なども必要となります。そういった事情がなければ免許証で大丈夫です。

 

大抵はこれだけで必要書類は済んでしまいます。現在カードローンは保証人や担保を必要としないため、手元に免許証1つあれば簡単に手続きができてしまうのです。ただし、場合によっては収入証明書類の提示を求められる場合もあります。

 

収入証明書類とは、所得証明書や源泉徴収票、直近の給与明細などです。どれもすぐに用意するのが面倒で、給与明細などは直近で2か月分、賞与があればその月の分も必要など、意外と細かくしていされます。免許証1つで済む場合とはかなり手軽さが変わります。

 

収入証明書類の用意が面倒であれば、借入れ希望額に注意しましょう。消費者金融では、総量規制によって50万円を超える金額の借入時には収入証明書類が必要となります。また、他社を含めた借入総額で100万円を超える場合にも求められます。逆にこれらを避ける金額で申込めば、収入証明書を求められるケースはほとんどありません。

 

また、消費者金融ではなく銀行で借りる場合においては、収入証明書類の提出が大きな金額まで不要となるカードローンがあります。オリックス銀行で借りるカードローンにおいては希望額300万円まで収入証明書類が不要となっているので、本人確認書類以外の用意が面倒な方は借り換えローンにも頼れるオリックス銀行を見ておくと良いでしょう。