消費者金融は怖い?

お金に困った、欲しいものがある、そのような時にカードローンは頼りになります。しかし、消費者金融に対して良いイメージを持っていない人も多いです。取り立てが怖いのでは?利息が高いのでしょう?そのような昔ながらの消費者金融のイメージは、現在大きく変わっています。

 

現在の消費者金融カードローンの特徴についてまとめました。

 

 

カードローンの仕組み

まずカードローンの仕組みについてですが、発行されたカードを使って何度でも借入れや返済が可能です。この何度でもという所がカードローンの便利な所でもあり、注意すべき所でもあります。

 

カードローンには限度額が決まっていて、借入残高が限度額を超えない限りは借入れを自由に行えます。限度額が50万円の場合、いきなり50万円借りるのも、初めは10万円だけ借りるのも、敢えて借りずに備えておくのも自由です。50万円借りると追加の融資は受けられませんが、毎月返済を進めていき、借入残高に余裕が出れば再度借入れが可能です。

 

2回目以降の借入れに審査は特にありません。自分の銀行口座からお金を下ろすように借入れできます。とても便利ですが、注意点としてはつい借り過ぎてしまう場合があります。自分のお金のように手軽に引き出せますが、借りたお金は返済の義務が生じます。使い過ぎに気を付けさえすれば、こんなに便利なものはありません。

 

カードローンならではの利便性は消費者金融だけに限らず、契約内容がカードローンとなっていれば銀行でも同様です。銀行も最近では消費者金融に劣らない便利なサービスを提供しているので、消費者金融での借り入れが不安に感じる方はオリックス銀行での契約手続きを考えてみるのも良いかもしれません。

 

カードローンの取り立て

カードローンで借りたお金は返済しなければいけません。返済にやくざのような人が押しかけて来るようなケースは昔の話です。今の消費者金融では借入残高に応じた無理のない返済計画が立てられます。

 

例えばアコムで10万円借入れした場合、毎月の返済額は5,000円です。毎月5,000円の返済ができなくなり、取り立てが来るという場面も想像しにくいと思います。

 

もしもその月だけ返済が間に合わないというような緊急事態があったとしても、消費者金融に直接相談が可能です。その月の返済を遅らせてもらう、その月だけ利息分のみの返済とさせてもらうなど、意外と柔軟に対応してもらえます。

 

取り立てについては威圧的な取り立てや第三者にカードローンの利用がばれるような連絡等は禁じられています。職場に取り立てに行くような行為も、他にカードローンがばれる行為になるのでできません。

 

カードローンの利息

消費者金融の利用で最も不安なのは金利かもしれません。一度借りたらずるずると、というのも昔の話で、今は金利も大幅に下がりました。

 

現在の金利は10万円未満で最高20.0%、10万円以上で最高18.0%、100万円以上で最高15.0%、これは法律で定められた最高金利です。消費者金融は金利が高いといイメージがありますが、現在は最高18.0%まで下がっています。

 

金利18.0%で例えば10万円借りた場合、1年でかかる利息は18,000円です。しかし、実際には利息がもっと少なくなります。

 

消費者金融での利息は、年利に対する日割り計算、それも借入残高に対して算出されます。1カ月後にかかる利息は1,500円程度ですが、1回目の返済が終われば借入残高が減ります。2回目以降かかる利息は段々と減っていきます。10万円借りて1年で完済する場合、実際にかかる利息は1万円にも満たない金額となります。

 

住宅ローンなどと比べれば高い金利ですが、一度足を踏み入れると抜け出せないという程の金利でもありません。

 

消費者金融の金利は大幅に引き下げられたのですが、これには理由があります。かつてカードローンの金利が高く、かつ誰にでも簡単に貸すような状況にあったので、借り過ぎて破産する人が増えてしまいました。

 

これを受けて金利や取立て方法について、法律で規制をかけるために、貸金業法の改正が行われました。金利が下がったのも威圧的な取り立てがなくなたのも、こういった背景があります。

 

特に大手の消費者金融なら昔とは違って安心して借りられるので、TVCMで有名なプロミスなどのカードローンキャッシングなら初めての方でも問題ありません。手続きも来店不要で進められるようになっており、時間が無い方でも素早い借り入れが可能です。

 

また、より早くに借りたい場合にはネット申し込み後の契約機の利用が良いとされていることもあり、契約機の数が多いプロミスのカードローンなら急ぎの方にも対応をしています。契約機の設置数もプロミスは多いため、急な出費で困ったときにはプロミス足立区の借り方を参考にしながら、早い手続きを進めてみましょう。